小顔 髪色

小顔に見える髪色

小顔になるためには、もちろん顔のマッサージや小顔メイクなんかも大事ですが、
髪型や髪色も意識することも忘れないでください。
エステやマッサージ、メイクなどで得られた小顔を、より髪型や髪色に気を配る事で、効果的にひきたててくれます。
小顔と髪型や髪色なんて関係ない気がしますが、と小顔にみせるためにはとても重要のようです。

 

髪型は、自分の骨格の目立つところをカバーしてくれたり、ボリュームをだすことで目線を顔からそらす役割をしてくれます。

 

次に髪色ですが、自分に合う髪色をみつけることが小顔にみられる大切なポイントになってきます。この自分に合う髪色のことをセルフカラーといいます。
自分に合う髪色なんてわからない人が多いと思いますので、どんな色が合うのかをみつけるポイントを説明します。

 

色白の人や丸顔の人は、明るめのカラーにしてしまうと顔が膨張して大きく見えてしまいますので、暗めのカラーを選んで、顔を引き締めたほうが小顔にみられます。
普通の肌色の人、四角顔の人卵顔の人は、特にこの髪色が良くないということはないですが、カールをつける場合は、あまり明るい色や、極端に暗い色は避けたほうが良いようです。

 

簡単にいえば、自分の顔の形と肌色からセルフカラーを見つけだせます。
とはいうものの、セルフカラーを自分で探しだすのは難しいので、専門の美容師さんに自分に合う色を相談する方が、失敗はないと思います。

 

また、本来日本人の髪色である黒色は、小顔効果をひきたててくれる色です。ただし、人によっては重い感じに見えてしまいます。
肌色が黄色っぽい人や髪質が太い人には、黒色は合っていないと思います。
肌が白く、髪質も細い人なら重たい感じもなく、黒色の髪色は小顔をひきたててくれることでしょう。
本来の髪の色が顔を小さくみせる効果があるなんてうれしいですね。

 

 

髪型と髪色を意識することで小顔効果もアップします。逆にまったく合わない髪色にすると小顔にみえなくなってしまいますので気をつけてください。

 

髪色は一種のごまかしのため、本当に小顔になりたい方は、エステでの集中対策がおすすめです。
自宅で小顔ローラーなどを使ってもどうしても1年以上変化がないという人が多いです。

 

小顔エステのおすすめサロンはこちら