小顔 方法

小顔に見える簡単な方法

小顔に見える簡単な方法としては、服装を気をつけることがあります。
そんな服装のポイントは「首まわりをすっきりさせること」、「黒系統の色の服」、「顔から視線をそらす工夫」の3点です。

 

まずは、首まわりをスッキリさせて小顔効果がアップするデザインは、大きい襟のついた服がおすすめです。襟を立たせるとなお小顔効果がアップします。
後は胸元が広く開いた服装も良いです。特にVネックのものは、小顔効果がアップします。
逆にダメなものは、タートルネックのものです。顔が大きく見えてしまいます。気をつけてください。

 

顔から視線をそらす工夫としては、ネックレスなどのアクセサリーを使用することです。
顔から視線をそらし小顔にみせる方効果があります。
ネックレスは、長めのインパクトのある大きめのものをつけるとよいでしょう。短めのネックレスは窮屈にみえてしまうのでやめましょう。
また、ピアスやイアリングも大きめのものをつければ顔が小さくみえます。イヤリングのように、光ものをつけると目の錯覚で顔が小さく見えるようです。

 

服装の色は、基本は黒色で小顔効果がアップしますが、身体が細身で顔が大きいような人は、黒色を着ると逆効果で、身体が引き締まってみえる分、身体との対比で顔が大きくみえてしまうのです。
また、顔が色白の人も黒色の服装ですと顔がきわだって大きくみえてしまいますので気をつけてください。

 

服装以外にも簡単に小顔に見せる効果があるものがあります。
例えば、今大人気の小顔にみせるアイテムが眼鏡です。黒ぶちのめがねで、顔幅より大きいものを選ぶのがポイントです。
ここを間違って顔幅より狭い眼鏡をつけてしまうと、逆に顔が大きく見えてしまいますので気をつけてください。
今眼鏡は、大人気で、わざわざ小顔に見せるためだけに伊達めがねをつけている人もいるようです。

 

 

後は、顔をすっぽり覆うような帽子をかぶることも小顔にみせる方法です。
色は黒や紺系統がおすすめです。是非試してみてください。