小顔 髪型

小顔に見える髪型

小顔になりたくてエステに行ったり、自分でマッサージを頑張っても、エラがはっているなどの骨格に原因にある人には、
効果があらわれにくいと思います。だからといって骨を削るわけにもいかないですよね。
そんな人が簡単に小顔になれる方法がヘアスタイルです。ヘアスタイルを変えることで簡単に小顔にみせることができるようです。

 

@髪をまとめる時の小顔にみえるヘアスタイルのポイントです。

 

普通にひとつにまとめると、顔が丸出しになってしまい顔を大きく見せてしまいます。
ですから、髪をまとめる時は、まず前髪は下ろして、内側に軽くカールをつけるとより良いでしょう。
また、髪を束ねるときに、横に少し髪を残して垂らしてください。この髪も動きが出るようにカールをしましょう。このことで、横顔の輪郭を隠します。
最後に頭のトップにボリュームを出して、ふくらませましょう。そうすればより小顔にみられます。

 

Aショートカットの人の場合の小顔ヘアスタイルのポイントです。

 

ショートの人も前髪を垂らし、顔面積を狭めます。後はトップにボリュームをもたせて、髪全体に動きを出すことで、小顔ヘアーになります。

 

Bミディアムヘアーの人の場合の小顔ヘアスタイルのポイントです。

 

ショート同様前髪は垂らします。後は髪全体にボリュームを出しましょう。
卵型の顔の人は、ストレートで髪を横に垂らすかんじで、下の部分だけ軽くカールをかけます。
四角型やベース型の人は頬のあたりからカールをつけるかんじにすると小顔にみえます。

 

Cセミロングの場合の小顔ヘアスタイルのポイントです。

 

ストレートですと、顔の輪郭がそのままで目立ってしまうので、あご先の上あたりから、横髪にシャギーをいれたり、カールをつけるとよいです。

 

Dロングヘアーの場合の小顔ヘアスタイルのポイントです。

 

セミロング同様、ストレートだと顔の輪郭が強調されてしまいますので、耳のあたりから、軽くパーマをあてるとよいでしょう。

 

以上のように全体的なポイントとしては、前髪をつくることで、顔を小さくみせます。次は、サイドにボリュームをつけて顔の比率を小さくみせます。
トップにもボリュームをだすと、サイドとのバランスもよくなりますし、目線も髪のトップにそらす効果があり、目の錯覚で小顔にみられます。